本文へスキップ

皮膚科専門のクリニックです。

川越駅から徒歩3分・駐車場18台完備TEL.049-246-0039

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町13-10

爪水虫を治そう

爪白癬治療 Q & A 2

口から飲んだ薬がなぜ爪に効くのか、ちょっと不思議な気がするのですが?

答: 私たちは何気なく薬を飲んでいますが、薬がどのようにして患部に届くのか、深く考えたことはないと思います。実は爪白癬の薬でも、高血圧の薬でも、内服薬の体内での移動のしかたはみんな同じです。薬を患部に運ぶ役割を担っているのは血液の流れなのです。
 私たちが生きているのは、食べ物の栄養分や酸素が血液の流れによって全身にくまなく運ばれているからですが、栄養分や酸素と同じように、薬の有効成分も血液の流れに乗って患部まで運ばれていきます。
 口から飲んで胃や腸に入った薬は、主に小腸から吸収され、門脈、肝臓、心臓を通って体中に張り巡らされている血管を通って患部に到達します。ですから、頭のてっぺんから足のつま先まで血管が分布しているところであれば、どこへでも薬を届けることができるのです。
 すると、「爪には血管が通っているの?」という疑問がわいてきます。たしかに、爪そのものには血管はありませんが、爪の製造工場である爪母や爪に覆われた爪床と呼ばれるところには血管が通っています。とくに新しい抗真菌内服薬は爪母だけでなく爪床からも薬の有効成分が爪のなかに浸透するため、従来より短期間で効果を現すことができるのです。





仲皮フ科クリニック仲皮フ科クリニック

〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町13-10
TEL 049-246-0039
FAX 049-246-0039