アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎ではかゆみを伴う湿疹が全身に繰り返して生じます。根本に皮膚の乾燥とバリア機能異常があり、そこへ様々な刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。
治療としては、症状を改善させるために皮膚の炎症を抑えるステロイド薬や免疫抑制剤の塗り薬、さらにかゆみ止めの飲み薬などを用います。
また、皮膚のバリア機能を改善させるために保湿剤による日頃のスキンケアも重要です。2018年、今までの治療法で十分な効果を得られないアトピー性皮膚炎に対し生物学的製剤が使用可能となりました。
また最近、外用JAK阻害薬や経口JAK阻害剤などが登場し、今後も多くの新薬が発売される予定です。アトピー性皮膚炎は、適切な治療をきちんと受ければ、いずれ治ったと同様の状態になりますので、根気強く治療しましょう。

体を掻く人

新しい治療薬、デュピクセント®について

  • メディア掲載情報
  • 自動精算機のお支払い手順
  • 中波紫外線療法のご案内
  • 爪白癬
  • 皮膚がかゆい
  • アトピー性皮膚炎
  • 新しい治療薬、デュピクセント®とは
  • 水虫治療
menu